安城商工会議所青年部

平成29年度安城商工会議所青年部 スローガン・会長所信

『ひろげる。地域と共に!』

安城YEGは今年で設立22年目を迎えます。
設立当初、29名だったメンバーは着実に増えていきピーク時は83名にまでとなりました。しかしながらここ数年は、長きにわたり安城YEGを盛り上げ支えてきたメンバーが次々と卒業していき、新入会員がいなければ会員数が減少していく転換期となっています。

私は安城YEGに入会したことで、毎年新しい仲間と出会えています。親友となる者や相談できる仲間を得ることが出来、また仕事の依頼をいただいたり、お願いしたりできる仲間も常に増え続けております。社会に出て、これほど多くの仲間と知り合う機会はYEGに入会していなければ得られなかったことだと思います。YEGでの出会いは私にとって財産であり、YEG活動を続けていく一番のメリットだと実感しております。しかしながら、こんなに素晴らしいYEGという組織があることを、存在すら知らない経営者の方々が市内にはまだまだ居られる現状があります。

そのような状況の中、卒業まで2年となる私が会長に就任することとなりました。私の使命であると感じることは、諸先輩方に教わったことや築いてこられたものを、次代を担う若い世代に引き継ぐ役目であり、安城YEGは明るく活気のある魅力的な会であることを、様々な場面で地域の方々や存在を知らない経営者にアピールすることと考えております。

そこで、平成29年度安城YEGは「ひろげる。地域と共に!」をスローガンに掲げて活動してまいります。「ひろげる。」といっても色々な意味があります。

まず1番目に挙げたいのが、共に活動する仲間を「ひろげる。」ことです。
会員の増加は、安城七夕まつりや安城元気フェスタなど、これまで慣例化してきた事業にも変化や工夫を持たせるとともに、その他の活動においても新たなチャレンジを可能にすると考えます。

2番目は地域の方にYEGへの認知を「ひろげる。」ことです。
安城商工会議所青年部。YEGとは、誰が、何の目的で、どういった活動をしているのか。広報活動を強化し、地域の方々に更なるご理解をいただくことを目指します。それこそが豊かな郷土作りに貢献する近道であると考えます。

3番目はメンバーが一年間の活動を通じて視野を「ひろげる。」ことです。
家族、社業、他にも人それぞれ大切なものは様々ですが、YEG活動は一生懸命やればやっただけ得られるものが沢山ある自己研鑽の場です。経験も環境も違う経営者のメンバーと共に活動する事は、自己の思考の啓発とともに新たな発想を生み出し、公私に関わらず視野を「ひろげる。」ことに繋がるでしょう。

以上3つの「ひろげる。」を大切に、有意義な1年間を共に過ごしていきましょう。
1年間宜しくお願い致します。

平成29年度安城商工会議所青年部 活動方針

1,会員拡大
次の時代を担うべく新入会員の増強に努め、安定した青年部組織を作り上げる。
2,広報・PR活動の拡充
地域へYEG活動のPRをし、共に発展していける繋がりを深める。
3,会員並びに会員家族、OBとの交流
日頃の青年部活動を家族やOBの方々に知ってもらい、ご理解・ご協力をいただくべく 交流を深める。
4,研修事業の拡充
研修を通じて会員が自己研鑚できるよう努め、自己並びに事業所の発展に役立てる。
5,安城七夕まつりへの参画
安城市民と協力し七夕飾りを充実させ、青年部の連携を図り新たなチャレンジを試みる。
6,安城元気フェスタの開催
子供たちに夢を与え喜びを感じてもらえる企画を行い、地域貢献できるイベントを開催する。
7,日本・東海・愛知県連主催事業への参加
YEG各事業に積極的に参加し活動に貢献する。また、他単会との交流を深め安城YEGの発展へ繋げる。

ページ先頭へ戻る