会長所信

CHAIRMAN BELIEF

令和3年度安城商工会議所青年部 
スローガン・会長所信

 

マインド
イノベーション

~今こそ仲間と共に挑戦~

令和3年度 安城商工会議所青年部

会長 鈴木 彩

【はじめに】
商工会議所の創始者である渋沢栄一翁は、「商売が上手くてもそこに道徳が無ければならぬ」と仰っています。私が思う、道徳とは誠実である事だと思います。青年部活動の様々な事業や活動、仲間との関わり合いから自己の心のあり方を磨き、研鑽をし、切磋琢磨しながら成長し、道徳を重んじた活動のできる団体でありたいと思います。
我々青年部は若き企業家団体であり、地域社会の経済的発展の支えとなる事を目的としています。青年部活動を通し自己研鑽をし、学ぶ事が自社業の永続、発展に繋がり、そして地域に貢献できる企業へと成長できると考えます。


【スローガンへの想い】
コロナ感染症の脅威、多様性社会、SDGs への取り組みなど世界中が大変革の時代だと言われています。経営者としても今まで同様の考え方や行動では乗り切れない時代、革新的なアイデアや戦略が求められる時が来たと思います。
青年部活動も同様、青年部の理念である、綱領、指針を大切にしながらも、今までの考え方で活動するのではなく、ウィズコロナ時代に地域社会では何が必要なのか、改めて情報を集め、考え、行動をする。安城商工会議所青年部として安城を知り、学び、地域社会に貢献する1年にしていきたいと思います。

そこで本年度は、「マインドイノベーション 今こそ仲間と共に挑戦」とスローガンを掲げました。

―――[マインドイノベーションとは]
今まで青年部活動で経験した事も活かしつつ、新たな時代に合った考え方に変革していく事。あらゆる角度から物事を考えてみる事。今まで積み重ねてきた経験、知識、アイデア、習慣を今できる最善の考え方に再定義してみるという事です。

―――[今こそ仲間と共にとは]
私たちは、家族や社業を大切にしながら、日々の青年部活動を通し自己研鑽をしていきます。切磋琢磨できる仲間がいるからこそ私たちは磨かれると思います。青年部活動の中で出会った仲間は、何よりもかけがえのない友情で繋がります。全力で活動に取り組む事で仲間との絆を深め、更には、他単会の仲間、日本全国の仲間へと広げていきたいと思います。
昨年度は、コロナ感染症の影響で青年部活動、仕事も思う様にできず、なかなかモチベーションが上がらないという声を耳にしました。そういう時こそ、青年部の仲間と知恵を出し合い、今できる最大限の活動をする事が何より大切だと思います。

―――[挑戦とは]
地域社会に求められる情報やウィズコロナ時代に求められる事を情報収集した後、それを行動に移していかなければなりません。新しい事を試す時、そこには挑戦という事が必要となってきます。自分にとってひとつでもこれが新たな挑戦だと思える行動をとっていきたいと思います。それぞれのステージで各自が一歩でも前進できるような挑戦をする事が安城商工会議所青年部全体の糧となり、力強いチームへの第一歩だと考えます。


【青年部活動への想い】
「マインドイノベーション今こそ仲間と共に挑戦」をスローガンにメンバー全員の力を集結し、安城を知り、学び、地域社会に貢献する事で、私を育ててくれた愛すべき安城商工会議所青年部を地域の皆様にもっと知っていただきたい。そして、私たちが住む町を青年経済人としての視点から捉える事で、私たちができる事を明確にし、地域社会の健全な発展に貢献できる取り組みをしていきたいと思います。


【最後に】
安城商工会議所青年部の会長として諸先輩方より受け継いだ素晴らしい伝統、文化、熱い想いはそのままに次代へと襷をつなげていきたいと思います。私を支えて下さる全ての皆様に感謝の心を忘れずに精一杯邁進してまいります。1年間どうぞよろしくお願い致します。